おすすめなキャットフード シニア猫編

「老猫」は成猫期とは異なり基礎代謝が低下し、内臓機能の劣化するタイミングです。

運動量も減少し消化器系も弱くなりがちなため、なるべく消化吸収率が高めに、少量でたくさんの栄養が摂り入れできる高タンパク・バランスの良い脂質のキャットフードが相応しいですよ。

栄養穀物などが包含される食べ物は消化器系に負荷をかけるため、もう一つオススメしません。

また免疫力の劣化から色々な病気におかされやすくなるので、健康面にとりわけ留意が必要です。関節や内臓の体調管理をフォローする成分が含まれた食べ物がマッチしています。

 

おすすめランキング

1位モグニャン

2位シンプリー

3位アカナ

 

 

6歳を越す老猫におすすめのキャットフード1位は「モグニャン」です。

 

 

消化吸収性の優れた白身魚を主原料にしているところ、穀物を使わないで消化にソフトな点がおすすめする理由になります。

「オメガ3脂肪酸」が含まれていることも独特で、愛猫の体調を維持することに役立ちます。

 

 

おすすめ2位は「シンプリー」です。

 

 

モグニャン同様に主原料が魚ですから、消化にソフトで低脂肪・ローカロリーです。
原料に入る「サツマイモ」はジワリジワリと浸透するため、体へのダメージが少ないです。
尿路系の体調管理に気づかいキナ酸を含む「クランベリー」が含まれたのも有益なポイントですよ。

 

 

シニア猫のキャットフード選びについての注意点

 

全ステージ対応だとしても、高タンパクフードはシニア猫には気をつけてください

高タンパクフードは、腎臓などが衰えている猫にはダメージになることがあります。

猫は人間と同じく年齢を重ねれば重ねるほど臓器の能力が衰えるので、買ったら愛猫のコンディションをよくチェックし、状況に応じて掛かりつけの獣医にアドバイスを求めることもおすすめですよ。