おすすめキャットフード 子猫編

誕生後6~8ヶ月目の離乳期から1歳頃にかけての「子猫」は、最も成長ざかりな時期です。

短い間で一瞬のうちに生育するため、成猫の約3倍の栄養成分が不可欠だと考えられています。

子猫の時点で豊富な栄養摂取できないと、発育不良になる可能性があるでしょう。

しかしながら消化器官が未熟でたくさん摂取できるわけには行きませんので、1粒あたりに栄養分がギュッと入った高タンパク・高カロリーなキャットフードが合っています。

体が小さくあごの力も貧弱なので、離乳したての内はフードをお湯でふやかしてからあげたり、噛み砕きやすい小粒の食べ物を与えたりした方が良いですよ。

また最初フードを与える時は注意をはらって口に運ばないということもありますので、愛猫の好む匂いで食いつきの良いフードを選択するのも大事です。

 

おすすめランキング 子猫編

1位 カナガン

2位 オリジン

3位 ジウィピーク

4位 クプレラ

5位 モグニャン

 

子猫におすすめのキャットフード1位は「カナガンキャットフード」です。

 

 

カナガンは100gあたり390kcalと高カロリーですので、一日当たり50g前後程度のちょっとの量でたくさんの栄養素を補うことが可能だと考えます。

消化吸収が優秀で嗜好性が高い「チキン」を60%以上も使っているため、猫の食いつきもスバぬけています。

また胃や腸に負担を掛けず徐々に消化される「さつまいも」、健康的な消化機能を手助けする「セイヨウハッカ」「コロハ」などがあるため、消化器官の弱い子猫にも不安はありません。

 

※おすすめ1位のカナガンキャットフードについてはこちら※

カナガンキャットフードが悪評ってマジ!?口コミで見た危険性とは?

 

 

おすすめ2位はオリジンキャットフードです。

 

 

オリジンも100g辺り406kcalと高カロリーなキャットフードです。主原材料に鶏肉・ニシン・七面鳥肉など動物性タンパク質たっぷりの食材を使って、消化吸収率が効果的なのが魅力だと思います。

尿路系の体調管理に努めるキナ酸を含む「クランベリー」、健康なお腹によい作用を齎すペクチンや猫の元気な行動をいたわるクエン酸を含む「リンゴ」が用いられているのも理想的なポイントです。