キャットフードは選び方|どこを見ればいいの??

「愛猫とず~と一緒にいたい」どのような飼主でも、この気持ちは一緒のことですよね。

それを叶えるために一番重要なことは、日々の”食生活”をしっかりと適正化することです。

ぱっと見高額そうに見える上質な食べ物も、1日あたりのお値段は市販の粗悪なフードと対比しても差が無いケースがあります。

体調を悪化させて病院通いになるよりも、長い目で見れば高い品質のフードを与えていた方が家庭の経済状況の負担が少なくなると感じませんか?

大事な愛猫のためにおすすめできるフードがあるので、一緒に見てみましょう!

 

 

体調管理に必要不可欠な栄養とは?

ハイクオリティーのフードは、大きく5つの栄養が良いバランスで配合されていることが大切だと考えます。

 

タンパク質

 

猫の健康の主因となって、エネルギー源でもある大切な成分です。

 

炭水化物

直にエネルギー源となる事も、グリコーゲン(動物デンプン)となって体内に貯蔵され、必要に応じてエネルギーということで消費される時もあると思われます。

 

脂肪

タンパク質や炭水化物よりも相当なエネルギー源となり、人間と同じ程度に摂りすぎるとデブの要因になってしまいます。

 

ミネラル

主要ミネラルと微量ミネラルの二つに分けられます。猫には約15品目のミネラルが必要不可欠と考えられており、ミネラルが足りないと骨がもろくなったり、毛や爪の健康にも影響を及ぼします。

 

ビタミン

ビタミンは、水溶性ビタミン(ビタミンB,C)と脂溶性ビタミン(ビタミンA,D,E,K)との2つに区分けすることができて、健康状態をアップすることに必要な栄養です。

 

キャットフードを選ぶ時の基準は?

このサイトでご紹介しているキャットフードは、「安全性に見合った6つのポイントをいかに満たしているか」「サポートが満たしていて買いやすいか」「コストは継続しやすい販売価格か」の3つの角度からトータル的に評定しています。

安全性に優れるキャットフードは原料の品質や衛生管理にこだわりを持っているものが結構あるので、やはり販売価格が上がってしまいがちです。

愛猫の健康と飼い主さんのふところを考えて、できるなら良いキャットフードを長い間継続できるよう、買いやすさも査定基準にひっくるめて決定しています。

 

【各項目の基準について】

 

安全性

 

・素材が動物性タンパク質か

・好ましくない素材が見当たらないか

・合成酸化防止剤が含まれていないか

・それ以外の人工添加物が含まれていないか

・タンパク質量が最下限規準を満たすか

・脂肪量が最下限規準を満たすか

 

 

買いやすさ

 

購入しやすくサポートが充実している

 

 

コスト

一日に付きに換算した時、継続しやすい販売価格か否か

 


このような基準をもとに子猫・成猫・シニア猫におすすめなキャットフードを次回以降ご紹介していきますね♪